FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC版FF2 デスペル解析

デスペルを解析しました。


いろいろいわくつきのこの魔法、ある情報では "全く効果がない" と言われ、
また ある情報では "敵が味方に使用した時だけ効果がある" などと言われていますが、
その実はどうなのでしょう?

デスペル ルーチン解析 * デスペル ルーチン



========================================================================
・結論 


デスペルは、敵が使おうが味方が使おうが、全く効果がない魔法である。

メッセージ表示に関しても、バリアと同じく効果 (デスペルの場合は効果は無いが) とメッセージ表示が間違っている。
 もし耐性が破られるのなら、変化、炎、神経、雷、死、毒、精神、冷気の順である。


魔法の効果回数もバリア,オーラと同じく7回までしか効果がない。



-----------------------------------------------------------------------------------------

この魔法、どうしてこんな仕様になってしまったのでしょうか?単純なプログラムミス?
それとも別に理由があって効果を無くしたのかもしれません。

その理由としては、この魔法は最低効果の "変化耐性キャンセル" の時点で、状態変化魔法、
特にトード、ブレイク、デジョン テレポなどの即死魔法がどんな敵にも効いてしまう
ようになるからです。

もしもそのままにしておけば、凄まじいバランスブレイカーとなってしまいます。

納品直前になってそれに気づいたものの、プログラムを修正する時間がなかったので
こういう仕様になったのかもしれませんね。

時間に余裕があれば、敵モンスターIDを判別してボスクラスの敵には無効になる、というプログラムも
簡単に組めたはずです。ROM容量的にも、それぐらいのプログラムを追加する余裕はある
筈ですから(ROMデータの空きスペースは結構ある)。

まあ、あくまで自分の妄想ですけど・・・

-------------------------------------------------------------------------

で、オマケですがデスペルの魔法に効果が出るルーチンを組んでみました。


デスペル新ルーチン * デスペル 修正ルーチン




たったの10バイトのコードを加えるだけで、デスペルに効果が出るようになります(確認済み)。

あと、デスペル成功回数判定の部分、そして戦闘メッセージデータのヘッダを書き換えれば
完成です。


魔法の中にはどう考えてもいらない魔法 
"アンチ"、"チェンジ"、"ストップ/スタン" のどちらか、または"フィアー" 
などがありますから、同バンク内の空き場所を確保するのが面倒くさければ、上記の魔法のルーチンを
消してそこに修正ルーチンを移してみるのもいいかもしれません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンタ

プロフィール

Anonymous

Author:Anonymous
ファミコンゲーム解析、同人ゲーム制作

免責 
本ブログの管理者は第三者がこの
ブログでDLしたツールを使用する
ことによって発生した如何なる
事件・損害に対して全く責任を
負いません

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。